太陽光発電用地 募集

Solar Farm Land

遊休地は太陽光発電で有効活用

産業用太陽光発電の用地を探しています

  • 立地が悪く買い手がつかない
  • 資産として土地を残したい
  • 農地転用を考えている

土地活用でお困りの方や太陽光発電投資に興味がある方は、フューチャーメディアコミュニケーションズにぜひご相談ください。

太陽光発電所の用地条件

太陽光発電所はさまざまな土地で始めることができます。転用可能な農地・休耕地、雑種地や山林、原野でもOK。個人・法人問わず、日本全国対応いたします。未認定用地やみなし認定済み案件も募集しております。
また、太陽光発電所事業者へ土地を貸し出したい方もお気軽にご相談ください。

FIT制度からFIP制度へ

FIP制度

2012年から始まった「再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)」によって、太陽光発電は急速に普及しました。普及とともに太陽光パネルは安価になり、それに合わせて毎年算定される買取価格は下落し続けています。
産業用太陽光発電(10kW以上50kW未満)の場合、2012年度の買取価格は40円/kWhでしたが、2021年度は12円/kWhと3分の1以下になっています。また、買取制度を支える再エネ賦課金は上昇し、国民の負担となっています。
こうした情勢からFIT制度の抜本見直しが行われ、2022年度から「FIP制度」への移行が予定されています。

FIT制度は再エネでつくられた電力を電力会社が決められた価格で買い取ることが義務付けられています。
FIP制度では電力卸売市場で電力を販売することになるため、季節や電力需給により売電収入が常に変動することになります。この売電収入に対して国が補助額(割増金)を上乗せするのがFIP制度です。
再生可能エネルギーを市場で取引することで競争と効率化を促し、再エネ賦課金にかかる国民負担を軽減しながら、再生可能エネルギーの自立と成長を目的としています。

FIP制度では売電価格が変動するため、収益をあげるには電力需要に合わせた工夫が必要になります。そのひとつが蓄電池の導入です。日中など市場価格が安い時は、余った電力を蓄電池に貯めておき、需要が高まる夕方以降に売電することで収益を拡大することが可能になります。

豊富な経験と確かな実績のFMCグループ

太陽光発電の施工実績8,000棟以上のフューチャーメディアコミュニケーションズが現地調査から施工、アフターメンテナンスまで一貫して行います。
遊休地を有効活用したい方、太陽光発電投資にご興味のある方はぜひご相談ください。

土地付き太陽光発電

フューチャーメディアコミュニケーションズでは日本全国の土地付き投資物件を多数ご用意しております。
土地付き太陽光発電所の売却をお考えの方も、ぜひ当社にご相談ください。

土地付き太陽光物件はこちら

現地調査からお見積作成まで全て無料!
全国対応・相見積もり歓迎
太陽光発電・住宅用蓄電池のご相談はこちら

  • フリーダイヤル
  • お問い合わせフォーム
FMCグループ
フューチャーメディアソリューションズ株式会社
FUTURE POWER 楽天市場店
持続可能な開発目標SDGs(エス・ディー・ジーズ)